日本最古の厄除け観音寺 松尾観音寺

新年を迎え、今年一年の無事を願うのは誰もが思うことですが、厄年にあたる人はなおさらその気持ちが強いのではないでしょうか。
このお寺は厄除(よ)けでとても有名で、遠方から厄払いに来る人もいます。 とくに3月初午(はつうま)に行われる、初午大祭(はつうまたいさい)ではこの日しか執り行わない特別な秘法でおはらいをするため、厄落としに大勢の人が訪れます。

本堂

松尾観音寺は龍神伝説でも有名で、本堂裏にある二つ池には雌雄それぞれの龍が住んでおり観音様を守っているといわれています。
600年前に本堂が火災に遭ったとき雄龍は観音様を自らの体で幾重にも巻き付けお守りし、雌龍は何度も池の水を炎に吹きかけ鎮火したという言い伝えがあります。
現在、龍神は境内奥にある龍池社に祀られています。

龍池社

手水は龍神様になっていることが多いですが、口から水を出す龍は伝説の龍のようです。

松尾観音寺敷地内の手水(ちょうず)

この龍神伝説から、災難除けの御利益と、雌雄の二匹の龍神様が力を合わせて観音様を守ったことから縁結びや子授けに御利益があるお寺といわれています。

「縁」の絵馬

概要

名称 龍池山 松尾観音寺
住所 〒516-0014 三重県伊勢市楠部町松尾山156-6
お問い合わせ 0596-22-2722

松尾観音寺(外部サイトへ移動します)
Google Mapで地図を見る(外部サイトへ移動します)

日付 2018年1月1日

2018年

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-135-326

受付時間 7:00~22:00

ページトップに戻る