国登録有形文化財 鳥羽大庄屋かどや/なばなの里 イルミネーション

国登録有形文化財 鳥羽大庄屋かどや(旧広野家住宅)

広野家は屋号を「かどや」といい、江戸時代後期の1810年に6代目が薬屋を開業し、1840年から20年庄屋(しょうや)をつとめ多額の上納金を納めていたそうです。

中には薬屋だったころの道具や、100年以上前に使われていた冷蔵庫、糸車などの民具や国産最古の和製オルガンが展示されています。

1884年に完成した増築部分には、ステンドグラス風の色ガラスやすりガラスは、当時のハイカラだったようです。

部屋からは日本庭園をながめることができます。

家の囲いは「舟板囲い(ふないたかこい)」といい、板をフナクギ か*チキリで接合した板をしようしています。このあたりで、このような板を用いるのは珍しいそうです。

*木材をつなぐため接合部に打ち込む部材のこと

道具や建物が大切に保存されている館内で100年前の生活や鳥羽の歴史を体験しませんか?

住所 〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽4-3-24
開館時間 10:00~16:00(最終入館15:45)
入館料 無料
休館日 火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)
お問い合わせ 0599-25-8686/かどや保存会

鳥羽大庄屋かどや(外部サイトへ移動します)
Google Mapで地図を見る(外部サイトへ移動します)

日付 2018年11月1日

なばなの里 イルミネーション

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に選ばれ、しかも絶景ランキングベスト5にもランクインする、なばなの里イルミネーションをご紹介します。

なばなの里は植物園なのでイルミネーションだけでなく昼間の花ひろばも十分楽しむことができます。2月下旬から7月まで、計六つのまつりが開催されます。

イルミネーションは2004年からはじまり今年で15回目。光のトンネルは2006年に登場して以来、毎年進化し続けています。

毎年趣向を凝らしたメイン会場イルミネーションのテーマは「JAPAN」。富士山など日本の美しい景観や歴史、文化を表現豊かに表現します。

プロジェクションマッピングは使用せずLEDだけで表現しているという演出にだれもが驚き感動します。

広い敷地内のイルミネーションを楽しみ尽くしたらお食事です。
和・洋・中の食事処(どころ)から、サンドイッチの軽食やパン屋さんなど、どなたのおなかも満足できるお店がそろっています。

入場券には園内で使える金券が1,000円分ついており、こうしたお食事にも使えます。

別途料金はかかりますが、国内最大級のベゴニアガーデンもおすすめ。広い温室の中には5,000鉢の球根ベゴニアが咲いています。
中にカフェがあるので、いすに座ってゆっくりと花を鑑賞してください。

ほかにも「光の大河」や「光の雲海」などたくさんのイルミネーションがあります。これからの季節、寒さが厳しくなりますので厚手の上着やカイロを用意して、ゆっくりイルミネーションをお楽しみください。

イルミネーション期間 2018年10月20日(土)~2019年5月6日(月・祝)
入園料 2,300円(園内で使える1,000円金券付き)
小学生以下無料
時間 10月20日
~2月28日
【平日】9:00~21:00
*12月25日・28日、1月2日~4日は土日祝料金
【土日祝】9:00~22:00
【元日】9:00~21:00
3月1日
~5月6日
9:00~22:00
ベゴニアガーデン
入園料
大人1,000円/小中学生700円/幼児200円/3歳未満無料
住所 〒511-1144三重県桑名市長島町駒江漆畑270
お問い合わせ 0594-41-0787 /なばなの里(9:00~21:00)

なばなの里-ナガシマリゾート(外部サイトへ移動します)
Google Mapで地図を見る(外部サイトへ移動します)

日付 2018年11月25日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-135-326

受付時間 9:00~19:00

ページトップに戻る