国登録有形文化財 鳥羽大庄屋かどや(旧広野家住宅)

広野家は屋号を「かどや」といい、江戸時代後期の1810年に6代目が薬屋を開業し、1840年から20年庄屋(しょうや)をつとめ多額の上納金を納めていたそうです。

中には薬屋だったころの道具や、100年以上前に使われていた冷蔵庫、糸車などの民具や国産最古の和製オルガンが展示されています。

1884年に完成した増築部分には、ステンドグラス風の色ガラスやすりガラスは、当時のハイカラだったようです。

部屋からは日本庭園をながめることができます。

家の囲いは「舟板囲い(ふないたかこい)」といい、板をフナクギ か*チキリで接合した板をしようしています。このあたりで、このような板を用いるのは珍しいそうです。

*木材をつなぐため接合部に打ち込む部材のこと

道具や建物が大切に保存されている館内で100年前の生活や鳥羽の歴史を体験しませんか?

住所 〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽4-3-24
開館時間 10:00~16:00(最終入館15:45)
入館料 無料
休館日 火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)
お問い合わせ 0599-25-8686/かどや保存会

鳥羽大庄屋かどや(外部サイトへ移動します)
Google Mapで地図を見る(外部サイトへ移動します)

日付 2018年11月1日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-135-326

受付時間 9:00~19:00

ページトップに戻る